心と光の写真館

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<091234567891011121314151617181920212223242526272829303111>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

みなとこうべ海上花火大会 ~2009・夏~

2009年08月03日[月曜日]お祭り・祭事・伝統行事
スポンサーサイト
メニュー







































<神戸市中央区 2009年8月>
スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

天神祭 本宮

さて土曜日の本宮にも行ってきました。
まずは天満宮の前で陸渡御巡行をパシャリ、そのあと人の波を掻きわけ川岸へ。
広い川いっぱいにたくさんの奉拝船が行き来。みなさん船上でビールを飲まれたり食事をされたり。
船の上は涼しいだろうな~と指を、いやりんご飴をくわえて眺めていると京都産業大学の奉拝船。
ちょうど原田伸朗さんが「あそこの上にスタジオがあるんですよね~」とテレビ大阪の社屋を指してる所をパシャリ。
ずんどこ花火が鳴り出したけどこっちには来ないみたい。移動だ移動。うわぁ~こっちはすごい人だけどここならなんとか花火が見える。
撮って撮って撮りまくってシャッター一万回を超えたのも気にせず撮りまくって気が付いたら汗びっしょり。
おしあいへしあいの中どうにか通りに出た時には汗もきれいさっぱり。
天満宮の前まで戻ってまたまたパシャリ。獅子舞、神事の行列、最後は傘踊り。みなさん熱心に見ておられました。
私はファインダー越しに熱心に撮らせて頂きました。
体の芯まで伝わってくる祭の熱気と心地のいい疲労感を味わえました。来年もまた来るぞお!
えっ?来なくていいって!?
自分連れないなあ~そんな事いわんとってーなあ。






























<大阪府大阪市 2009年7月>

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

天神祭 宵宮

暑さが身に堪える今日この頃ですが、暑いからこそ熱い祭へ参加してきました。
天神祭といえば船渡御や龍踊りをたっぷりと鑑賞。
龍踊りではまさに龍が天に昇るが如く熱い踊りに心拍数が上がり、華やかで涼しげな美女が祭に花を添えます。
大阪の人の熱さ、温かさ、フレンドリーさに触れる事ができる年に一度の祭。行かなきゃ損でっせ。


めっちゃおしゃれです。大好き!




























<大阪府大阪市 2009年7月>

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

祇園祭 其の弐

屋台の物を食べ歩きしながらブラブラと西へ歩き、歩行者天国の終わり付近で折り返してまだまだ歩きます。
















ナイスカップルを発見! というよりカメラを首から提げたぼくの方が先に発見されまして、コンパクトデジカメで撮ってくれとの事で二つ返事でOK!もちろん撮りますよ~(*^o^*)
でもコンパクトデジカメで撮ったものはブレてしまい、そしてせっかく撮らせてもらったこの写真も・・・_| ̄|○
もう一回シャッターを押しておけば・・・_| ̄|○
ぼくの責任っス (ToT)>゛すまぬ




四条川原町の交差点にいたイケメンに写真を撮らせてもらいました。d(>_・ )グッ!


京都の熱い夜はまだまだつづく。

<京都府京都市下京区 2009年7月>

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

祇園祭 其の参

少し前後します。
鉾の周辺は進むのも大変なくらいだったのですが、ナイスカップルを探しつつ四条通を西へ向かいます。
そして、いい雰囲気のお二人を発見!
わたくし、祭りの時はアンテナを立てております(^ー^* ) フフフ






そして鐘馗演目中の八坂神社へ。
















最後は大蛇で。

<京都府京都市下京区 2009年7月>

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

プロフィール

近藤礼士

Author:近藤礼士
子供の頃より昔の白黒写真を見るのが好きで自分がこの世にいる何十年も前の町の姿を現在でも見られる事に感動してじっくり見入っていました。
時は流れて25歳。各地で再開発が進み、自分の生まれ育った町の姿も大きく変わる事になる。
ここの景色はどんなだったのか、あそこには何があったのか、思い出そうとしても現在の姿からは想像する事もできない。
まだ残っている昔の懐かしい町並みを写真に残しておきたいと思ったのがきっかけとなり、カメラの道へ。
以降風景や街の景色も撮り始め、写真を撮る事が私の生涯の趣味と感じるようになり、33歳現在に至る。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

copyright © 心と光の写真館. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc03siteblog design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。